第54話 新人研修シリーズ(4) 初心者向け投資用語集

(写真=TungCheung/Shutterstock.com)

前回:新人のタカヤマさんに、投資のことをいろいろ教えたことで、自分自身にとってもいい復習になった。
投資始めました第53話はこちら→

初心者向けの投資用語集作成を命じられる

かなり緊張した新人研修(?)が終わり、ほっと一息ついていると、「ちょっといいかな?」とオオタ部長に突然呼ばれた。

な、なんだろう……? もしかして研修内容のダメ出しかも……(ドキドキ)

「まずは新人研修ご苦労さま。なかなかうまくまとまっていたぞ。この1年間勉強してきたことの成果が出ているようだな」

「ありがとうございます!」部長に褒められて素直に嬉しい!!

「それで、タカヤマさんのため投資関係の用語集を作ってほしいんだ。基本的なものでいいから頼んだぞ」

(僕のときはそんなもの渡されてないのに……)と心の中で文句を言いつつ「わかりました」と即答する。これぞサラリーマンだ。

投資の用語といってもたくさんあるので、研修で説明したものを中心によく使われるものをまとめることにしよう。

<投資用語集>

ほかにも専門用語はいろいろあるが、投資を始めるにあたってまず抑えておきたいのはこのあたりだろう。なかなか良い資料ができたのではないだろうか(自画自賛)。

さっそく、オオタ部長に提出すると……、
「うん、いいじゃないか。すぐに印刷してタカヤマさんに渡してあげなさい」
とお褒めの言葉が。

部長や先輩にいろいろ教えてもらったおかげとはいえ、1年も勉強していると自分も驚くほど進歩しているんだなぁ……。この調子だと投資に詳しい憧れの先輩として、新人たちから尊敬の眼差しで見られるようになっちゃうかもしれないぞ!!(そう簡単にはならないので安心してください)

会員登録はこちらから!>>

最新記事の追加をご連絡いたします!

※デジタル大辞泉の著作権は、株式会社小学館が保有しています。

次回へ続く。

>> 投資はじめましたの新着情報を受け取る

※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。
 実在の取材などでご協力いただいた皆様については、許諾いただいた場合に限り、実名でご登場いただきます。
 フィクションとしてお楽しみいただきつつ、皆様の資産形成にお役立てください。