不動産を保有したいけど高すぎる……何か良い手段は?

道を指し示す方位磁針
(写真=PIXTA)

資産運用を考える上でリスク分散の観点から「不動産」は欠かせない手段だ。しかし、仮に首都圏で新築ワンルームマンションを購入することを考えると、数千万円以上は必要となるため、中々手が出せない方もいるだろう。

そこで、ここでは不動産を現物購入するのではなく、他の方法でできる不動産投資を紹介しよう。

確認したい「不動産投資のメリット」

まず、不動産投資の代表的なメリットとして4つ挙げる。

1. 比較的安定した収益
2. 資金調達が容易なこと
3. 資産価値が安定していること
4. 税制上のメリット

家賃収入は大きな利益をもたらすことはないが、安定的に収益が確保しやすいため、不動産を担保にすることにより、低金利で融資を受けることができる。また、不動産は株と比べると価格変動が激しくなく、売却するにしても見通しを立てやすい。不動産投資で掛かった経費を不動産収入から差し引いて赤字になった場合、その赤字分が給与所得(会社員など)から差し引かれ、課税対象額を引き下げることができるといった税制上のメリットもある。

現物不動産投資以外の方法とは

さて、本題に入るが、不動産投資は高額のため手が出しにくいと感じている方も少なくないだろう。しかし、不動産投資は現物の不動産を購入することだけではなく、REIT、不動産企業の上場株式、不動産の小口化など少額の金額でも十分投資できるものがある。以下で、それぞれの投資商品の特徴を見ていこう。

1. REIT(リート)

REITは「Real Estate Investment Trust」の頭文字をとったもので、日本語では「不動産投資信託」と訳される 。要は「ファンド(投資信託)」の不動産版だ。

複数の投資家から資金を集め、その資金でオフィスビルや商業施設などに投資し、その賃料収入の収益を投資家に分配するというものだ。上場REITなら相場を見ながら数万円から投資できるので気軽にはじめられる。

2. 不動産企業の上場株式

不動産企業の上場株式への投資は、例えば野村不動産ホールディングスの株を購入するなど、不動産関連銘柄に投資することで間接的に不動産に投資するというものだ。

特定の不動産への投資の場合、当該不動産のリスクを全て引き受けることになるが、不動産株への投資の場合、不動産業態の収益を確保しつつ、個別リスクを減らすことができるので初心者も取り組みやすい。ただ、株としての変動リスクを負う点には注意が必要である。

3. 不動産の小口化商品

不動産の小口化商品とは、不動産の投資額を少額にして複数の投資家が不動産に関し何らかの権利(所有権の共用持分や受益権、社員持分など)を持つことができるよう証券化された金融商品を指す。個人では高額な不動産への投資は難しいが、複数で共有することで億単位の高額な物件などへの投資も可能となる。これは「不動産の証券化」という手法が使われており一口100万円程度から投資することができる。しかし、こういった不動産小口化商品のほとんどが、先ほど述べた税制メリットを受けられないため注意が必要である。

>> 次ページ 現物不動産と不動産金融商品の違いは?