ロボアドバイザー投資とは ロボットと一緒にはじめる資産運用

(写真=a-image/Shutterstock.com)

金融+テクノロジーを表す「フィンテック(FinTech)」という言葉が世間で一般的に使われるようになってから数年が経つ。ロボアドバイザー投資は、フィンテックの代表的存在といわれている。今回は、ロボアドバイザー投資の概要や、ロボアドバイザー投資が金融業界(資産運用業界)に与える影響について解説する。

ロボアドバイザー投資とは

ロボアドバイザー投資とは、リテール(個人)資産運用の専門家であるファイナンシャル・プランナーや金融機関の営業マンなどに代わり、あらかじめ設定されたアルゴリズムによって資産運用のアドバイスを行うサービスである。ロボアドバイザー投資は、投資信託やETF(Exchange Traded Funds)を個人のライフスタイルやリスク許容度に合わせて資産ポートフォリオを組み、決められたタイミングに応じて資産ポートフォリオ比率を組み替えてくれるサービスである。したがって、投資家は自分で個別の銘柄選定をしたり、資産配分を考えたりする必要が従来の投資に比べ少ないのだ。

現在、多くの証券会社や金融機関がロボアドバイザー投資を導入し始めている。なかには、コンビニやスーパー等、日常生活においてクレジットカードで決済されるおつりが、ロボアドバイザーにより資産運用されるサービスを提供する企業がある。 しかし、便利なロボアドバイザー投資にもデメリットはある。ロボアドバイザー投資は、気軽な半面、ファイナンシャル・プランナーのように将来の不安を相談したり、個々の投資家の事情に配慮したきめ細やかな対応をしたりするのは、現在のIT技術では難しいとされている。

ロボアドバイザー投資ではじめる資産運用

ロボアドバイザー投資による資産運用には「投資助言・代理型」と「投資運用型」の2種類に分けることができる。投資助言・代理型は、ロボット(事前に設定されたアルゴリズム)が投資家の投資スタイルやリスクを総合的に考えて適切な資産配分を顧客に提案するが、実施するのは助言のみで、実際に投資信託やETFを購入したり管理・売却したりするのは投資家自身だ。

一方で、投資運用型は資産配分の提案に投資家が納得すれば、その後はロボット(事前に設定されたアルゴリズム)が自動で資産運用をしてくれるというものである。

IT技術の発展で「ヒトの価値」が見直される?

このようにIT技術の発達で、個人の資産管理は大きく変化しつつある。今まで「自分に合った運用手法や資産配分が分からない」といった知識面の理由や、「売買している時間がない」といった物理的な理由で、投資に二の足を踏んでいた人も多かっただろう。今後これらの課題を解決するロボアドバイザー投資の普及によって、投資家の裾野が広がることが予想される。ロボアドバイザーによって投資家の裾野が広がるのであるならば、専門的知識を有している金融アドバイザーとの役割分担がより明確化される可能性がある。

一方で、現在のロボアドバイザー投資のサービス体制では、家族構成に沿ったライフイベントなどから必要な資金を逆算したり、人生の夢や目標の実現に沿った資金計画を練ったりすることは難しいとされている。

よって現状では、本当の意味での「オーダーメイド」のアドバイスは、専門的知識を有している金融アドバイザーに一日の長があるといえる。(提供元:株式会社ZUU)

【オススメ記事】
お金を増やしたい人が知っておきたい「資産形成」のポイント
不動産を保有したいけど高すぎる……何か良い手段は?
「不動産の小口化」ってREITとどこが違うの?
海外不動産を持つメリットとデメリットとは?
広がるクラウドファンディング その種類と仕組みを紹介