catch-img

第8話 日本の借金①

(Photo= Sakarin Sawasdinaka/shutterstock)

目次[非表示]

  1. 1. 国債ってそもそもなんだ?
  2. 2.膨らむ日本の借金

 国債ってそもそもなんだ?

「次“国債”行きます」と言い放って、さっそく調べ始める。
日本経済の話になると、必ず出てくるワードだが、実はそれがなんなのか“まったく”わかってなかったりして…。

前回:「円高・円安」について知ったことで、“国際派”になってきた?
投資はじめました第7話はこちら

というわけで、まずは検索!

こく‐さい【国債】

国が発行する債券。法律に基づいて発行され、普通国債財政投融資特別会計国債(財投債)に大別される。発行目的別では歳入債繰延債融通債に、償還期限によって短期国債中期国債長期国債超長期国債に、利払い方法によって利付国債割引国債に分類される。短期国債割引国債、それ以外は利付国債として発行されている。発行方式では、入札によって機関投資家などに販売される市中発行方式、個人を主な対象とする発行方式(個人向け国債新窓販国債)、公的部門発行(日本銀行が借換債を引き受ける日銀乗換など)に大別される。

出典:デジタル大辞泉

こ、これは
ひとつも理解できない。
ニシカワ先輩助けて

「ん? 国債? どないした? 自分、先週はエライ張り切ってたやんか」としたり顔。

「いや、その…調べてはみたんですけど、まったく意味がわからなくて…」

「しゃーないやっちゃなー。ものすご~く簡単に言うと、国が借金したいときに、元本を返す期限を決めて、その間は利子も払いまっせと約束して有価証券を売るんや。日本国の債務・債券だから国債や」

「えーっと、つまり…。金利も払って元本も返すってことは、金利分だけ国は損するわけですよね? なんでそんなの発行するんですか? これって借金ですよね? な、なんで国が借金してるんですかっ!!!?」

「落ち着けw 何をいきなり興奮してるんや」

膨らむ日本の借金

(Photo=RRice/shutterstock)

じつは社会人になりたての頃、思わぬ出費が続いて、家賃が払えず、親に泣きついたことはある。でも、そのときの後ろめたさと、少しずつ返していくのがすごく大変だったので「二度と借りまい!」と心に誓った。
そんな経験があるから、日本が借金していることがどうにも理解できない。

「予算が足りないからって借金したら、金利も払わないといけないし、返すとき苦しいですよね?」

オオタ部長が神妙な面持ちでこたえる。

「まあ、そうとも言えるな。発行した国債を返すために、さらに国債を発行してきたので毎年残高が増えているのが実情だ。平成28年12月末の普通国債発行残高は約826.4兆円。これがすべて国の借金というわけだ。平成28年度の税収予算額は約58兆円で、国の税収の15年分を越える金額を借りてることになる」

「国民は、人口推計によると平成28年11月1日時点での、人口は1億2,693万人だから、1人あたりにすると、だいたい650万円やな。こりゃドえらい借金やで」と、計算機片手にササッと計算する先輩。
さすが大阪商人(そうではないですけど)。

なるほど、「巨額の借金」といったニュースをなんとなく見ていたが、国債という名の借金が原因だということね。

そんなに借金があったら、もう日本の経済はきっと立ち直れない
年金もなくなるって言われているし
オレの将来はどうなるんだろう
なんだか暗い気持ちになってきた

「そんなに暗い顔をするな。
金額だけ見ると巨額の借金に思えるが、
じつはそうでもないんだ」とオオタ部長。

「よ~く考えてみるんや。借金だらけで破産寸前の国債を買う人はそうそうおらん。
つまりはそういうこっちゃ」

はっ! 
たしかにそうだ。
彼女が結婚してくれるんだったら家を買おうと思って、いろいろ調べたら、
通常は3000万円とかなんてキャッシュがないから
住宅ローン組むものだって書いてあった。
それには信用が必要だとも。
そうだ信用だ。

もとい。なんでこんなに借金がある国債を買う人がいるんだろう。
これは調べてみる価値はありそうだ。

「数字だけでは見えない理由があるということですね? さっそく調べてみます!」

「負債は借金だが、投資原資になる。利益を上げるために負債をする。
矛盾するようだがな。資金調達という言葉も聞いた事があるだろ?」と部長。
ブラインドを指で押し下げながら道路の車を見ている(刑事ドラマですか)

なるほど!

オレの場合に置き換えると、
ローンが組めて、家が買えれば、彼女が結婚してくれる!(順番おかしいよ)
エヘヘw

・・・。
気持ち悪がるオオタ部長とニシカワ先輩・・・。

結局、今回は部長と先輩に全部教えてもらってしまった。
次回は自分で全部調べて全部しゃべって
部長と先輩の登場をなくしてやる!(困ります)


次回へ続く。

>> 投資はじめましたの新着情報を受け取る

※デジタル大辞泉の著作権は、株式会社小学館が保有しています。

※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。
 実在の取材などでご協力いただいた皆様については、許諾いただいた場合に限り、実名でご登場いただきます。
 フィクションとしてお楽しみいただきつつ、皆様の資産形成にお役立てください。

運営者情報

小口化投資商品の流通プラットフォーム 「みんなの投資online」の運営事業

株式会社ADワークスグループ
〒100-0011 東京都千代田区内幸町2丁目2番3号 日比谷国際ビル5階