Original

第48話 "リート"ってなんだ?

(写真=g0d4ather/Shutterstock.com)

前回:アメリカが長期金利を少し変えるだけで、日本の経済にも大きな影響があることを知った。
投資はじめました第47話はこちら→

目次[非表示]

  1. 1.不動産が対象の投資信託
  2. 2.リートと不動産小口化の違いとは?

不動産が対象の投資信託

この部署での仕事も2年目に入った。新人は研修中なので、この部署に配属されるかはわからないが、先輩らしさを見せられるように投資に関する勉強を続けている。

さまざまな情報サイトを見ていると、ザイマックス・リート投資法人が上場したという記事が目に止まった。読んでみると、企業の上場ではなく"リート"の上場ということだが、"リート"ってなんだろう? そういえば、部長や先輩の会話にも"リート"という単語がちょくちょく出ていたような気もする。ちょっと聞いてみよう。

「先輩って、"リート"やってますか?」

「だ、誰がニートや!? 」

「違います。"リート"です、"リート"、それで……"リート"っていうのはどんな金融商品なんでしょうか? 不動産が投資対象というのはわかったのですが……」

「"リート"というのは、Real Estate Investment Trustの略称で、頭文字をとって"REIT"と書くんだ。日本語にすると"不動産投資信託"という意味だ。たくさんの投資家から資金を集め、オフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産に投資して、その賃貸収入や売買益を投資家に分配する金融商品だ」とオオタ部長のデータベースから情報が出てくる。まるで、投資辞典のような知識量だ。

「リートはやな、数万円程度の小口資金でも投資ができるんや。それでやな、証券取引所に上場しているから、株式と同じように流動性が高いっちゅー特徴もある。簡単にいえば、自由に売買できるってことやな。利回りが比較的高いので人気のある金融商品のひとつやで。もうひとつ重要なんが、ひとつの"リート"で複数の不動産に分散投資できるというメリットやな」

「自由に売買できるといっても株式と同じように証券口座が必要で、売買時間も立会時間中に限られ、税制も株式と同じなんだ。それとアメリカと日本ではリートの仕組みが少し違うので、区別するために日本のものは「J-REIT」とも呼ばれているな。まあ、これはあまり気にしなくていいだろう」と部長が細かい部分をフォローしてくれた。

「ありがとうございました。どんなものがあるのか、調べてみます」といって、パソコンでリートについて調べてみる。

わかったのは、現在リートは60種類あって、今年に入ってから新しく2つのリートが上場されたこと。よく知っている企業が運営するリート投資法人もたくさんあるということ。そして、「六本木ヒルズ森タワー」のような超有名物件が対象となっているリートもあるということに驚いた。

自分のような平社員が、六本木ヒルズに投資できるなんて夢があるじゃないか! と思ったが、ここで疑問が。これって以前学んだ不動産小口化とほとんど同じじゃないか? いったい、どこが違うんだろう??

リートと不動産小口化の違いとは?


(写真=ImageFlow/Shutterstock.com)

さっそく、その疑問をぶつけてみる。
「先輩、リートって不動産小口化と同じような仕組みですよね? いったいどこが違うんでしょうか?」

「普通はリートのことを先に知って、小口化のことを後から知るもんなんやけどなw まあええわ。冷静に考えてみ? 今の自分ならわかるはずやで」

冷静にか……。今まで学んだことを総動員して考えながら話す。
「えーと……、不動産小口化の場合は投資額の最低ラインが100万円と比較的高額なものが多く、基本的にはひとつの商品でひとつの物件に投資するケースが多いです。あとは、リートは証券口座があれば自由に売買できるのに対して、不動産小口化商品は、リアルタイムに売買できないところが違うところだと思います」

「そのとおりだ。もうひとつ付け加えるなら、不動産小口化の場合は、細かくいえば任意組合契約や匿名組合契約など他にも多くの類型があり、それに従って、不動産の所有形態が微妙に違うといったところだろう」

「どや? 自分で考えれば、けっこう答えが出てくるもんやろ? もう1年も学んでいるんやし、もうちょい自信もってええと思うで」と、ニシカワ先輩が真顔でほめてくれる。これは素直に嬉しい。

確かに、部長や先輩の知識が豊富だから、なんでも聞いてしまうのは悪いクセになっているように思う。知識も身についてきたので、これからはなんでもかんでも質問せずに、自分でも調べるようにしよう。そうしよう!

そのほうが、カッコイイ先輩として後輩女子からも頼られるよな~(結局そこかいっ!)

次回へ続く。

>> 投資はじめましたの新着情報を受け取る

※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。
 実在の取材などでご協力いただいた皆様については、許諾いただいた場合に限り、実名でご登場いただきます。
 フィクションとしてお楽しみいただきつつ、皆様の資産形成にお役立てください。

株式会社明豊エンタープライズ_M-Lots田園調布


検索


新着記事

修繕の経済性分析

2018-10-10 07:00


公式Facebookページ


公式Twitterアカウント


運営者情報

小口化投資商品の流通プラットフォーム 「みんなの投資online」の運営事業

株式会社スマートマネー・インベストメント 
〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目1番7号 日比谷U-1ビル13階

メニュー