catch-img

第47話 アメリカの利上げってどんな影響があるの?


前回:キャッシュフローについて学び、会社四報の基本的な読み方を完璧にマスターした。
投資始めました第46話はこちら→

目次[非表示]

  1. 1.経済をコントロールする政策金利
  2. 2.セオリーとは逆に動くドル円相場

経済をコントロールする政策金利

経済ニュースでアメリカの利上げのニュースをよく見るようになった。なんでも、2018年3月に行われる連邦公開市場委員会(FOMC)というもので利上げの方針を示すということらしい。でも、それって日本になんの関係があるんだろう? ニシカワ先輩に聞いてみよう。

「ニシカワ先輩。アメリカが利上げするというニュースがありましたが、どういうことなんでしょう? 金利がちょっと上がったからって、銀行からもらえる利息がちょっと増えるくらいですよね?」

「利上げっちゅーんは、各国の中央銀行が政策金利を引き上げることやで」

「せいさくきんり……ですか?」

「政策金利っちゅーのはやな、中央銀行が一般の銀行に融資する際の金利のことや。一般の銀行は中央銀行からお金を借りて、それを企業や個人へ貸し出しているんやで」

「中央銀行って日本銀行みたいなものですか?」

「そうだ。アメリカの場合は、FRB (Federal Reserve Board : 連邦準備制度理事会 ) という組織が中央銀行の役割を果たしている。利上げをすると、一般の銀行は高い金利で資金を調達しなければならなくなる。ということは、当然、企業や個人へ貸す際の金利も引き上げなければならない。すると、企業や個人はお金を借りにくくなり、経済活動が抑制されて、景気の過熱が抑えられることになるんだ。このように金利を変えることで、経済をコントロールしようとするわけだ」といつもどおりの絶妙なタイミングでオオタ部長の説明が入る。

「そやから、利上げは”金融引き締め政策”ともよばれるんやで」

「今、日本は金融緩和政策でゼロ金利ですよね? その反対のことをやるということですね」想像以上に難しい話になったので、知識を総動員してなんとかついていく。

「そやそや、いつまでも利下げしたままで世の中に出回るドルを増やし続けると、ドルの価値が下がってしまうんや。これが行き過ぎると過度のインフレになって、ドルが暴落して大変なことになってしまうから、そろそろブレーキをかけようっちゅーことやな」

「とはいえ、いきなり金利を大きく上げると景気に急ブレーキをかけることになって大混乱が起きてしまう。そこで、段階的に利上げをして、様子を見ながらゆっくりとブレーキをかけていく、ってわけだ」

なるほど、政策金利というのはその国の経済を左右するくらい大事なものだということがわかった。でも、ドルの価値やアメリカ経済の動きは日本にどんな影響があるんだろう?

セオリーとは逆に動くドル円相場

do

(写真=SOUTHERNTraveler/Shutterstock)

「ということは、利上げをすることでアメリカの経済にブレーキはかかるけど、ドルの価値は高くなっていくということですね?」自分なりに整理して確認する。

「そやで、ただし為替相場ではそう単純な話にはならんのや。あらかじめ利上げをすることがわかっていたら、値上がりを見越してドルを買っておくやろ? それで、発表されて値が上がったら売って利益を確定するわけや。そやから、実際のドル円相場でも利上げ発表前から円安ドル高になって、利上げの発表直後から円高ドル安になることが多いんや。いわゆる”織り込み済み”っちゅーヤツやなー」

「また、利上げは景気にブレーキをかけるわけだからドルが高くなっても株価は下がりそうな気がするが、アメリカの場合はドルの価格も株価も上昇することが多いんだ。なぜなら、利上げ局面というのは基本的に景気がよく、経済が強い状態だと言われているからなんだ」

「あれ? でも日本は円高ドル安のときは不景気で株価も低迷していましたよね? 安倍政権になってゼロ金利にしたら、円安ドル高になり株価も上昇したと思うんですけど?」

「それは、日本経済は為替の影響を強く受けるからなんだ。円高ドル安のときは輸出産業が大打撃を受けて日本経済は低迷した。そこで、金融緩和をして円の価値を下げ、輸出産業を立て直して経済を上向かせようとしているわけだ」

「ということは、アメリカの利上げ発表直後は円高ドル安になりやすいわけですから、日本の株価は下がるんですね?」

「絶対下がるとはいえんが、その傾向があるのは確かやな」

「そうか! だから、アメリカの利上げは重要な経済ニュースとして取り上げられるんですね!!」

「その通りだ。 だから経済カレンダーには、アメリカが金融政策を発表するFOMC の日程は必ず書いてあるんだ。FOMCの前後は為替も株も大きく動くことが多いから、FXや株式投資をする場合は絶対にチェックしておくべき日程なんだ」

「ありがとうございました。さっそくFOMCの日程を調べて、その前後の為替相場や株価の動きなんかを調べたいと思います」

よく考えれば世界経済の中心で日本とも関係が深いアメリカの動向が、日本にも影響を与えるのは当たり前の話だ。今回は、金利をちょっと変えるだけで、経済全体に大きな影響を与えることを大きく学んだ。

やっぱり、まだまだ経済のことは勉強不足だ。4月には新入社員も入ってくるから、もっとしっかり勉強して、先輩として新人の子たちにいろいろ教えるんだ! そこから、もしかすると恋が芽生えて……(それにしても動機が不純だなあ)

次回へ続く。

>> 投資はじめましたの新着情報を受け取る

※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。
 実在の取材などでご協力いただいた皆様については、許諾いただいた場合に限り、実名でご登場いただきます。
 フィクションとしてお楽しみいただきつつ、皆様の資産形成にお役立てください。


>>小口投資商品一覧表<<
※みんなの投資onlineで紹介した
小口投資商品を一覧にしております。


検索


これから投資を始める方へ

新着記事


公式Facebookページ


公式Twitterアカウント


運営者情報

小口化投資商品の流通プラットフォーム 「みんなの投資online」の運営事業

株式会社エー・ディー・ワークス
〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目1番7号 日比谷U-1ビル13階

メニュー