Original

第43話 会社四季報を読みこんでみる!

(写真=create jobs 51/Shutterstock.com)

前回:投資に欠かせない情報が詰まった会社四季報の読み方を部長と先輩に教えてもらった。投資はじめました第42話はこちら

目次[非表示]

  1. 1.株価が割高か割安かを知ろう!
  2. 2.株価の推移がわかるチャートと過去の配当もチェック!

株価が割高か割安かを知ろう!

部長と先輩が熱心に読みこんでいた会社四季報。自分もさっそく買ってきて、昼休みや休憩時間に読むことにした。まずは、教えられたとおり業績予想や特色をチェックして付箋を貼っていくが、業績予想のいい会社が多く、まだ3分の1くらいなのにけっこうな付箋の数になってしまった……

これでは、絞り込むことができないので、ニシカワ先輩に教えを乞う。
「先輩、ちょっといいですか? 自分も会社四季報を読み始めたんですが、業績予想のいい会社ってけっこうあって絞り込めないので、ほかのチェックポイントも教えてもらえませんか?」

「しゃーないのー。そもそもやな、就職するわけやなくて株に投資しようっちゅー話なんやから、自分では買えない株価の会社をチェックしても意味ないで」

「それはそのとおりですね」
確かに自分が投資できる会社を選ばなきゃ意味がない……

「その会社の株を買うのに必要な金額は、右上の【株価指標】欄の一番下にある【最低購入額】でわかるで。株価は毎日変わるから、多少の上下動はあるんやけど目安にはなるやろ」

「ここですね……、その上にある【予想PER】とか【PBR】ってどんな意味なんでしょう?」

PER(price earnings ratio)は株価収益率のことで、一株あたりの純利益に対して株価が何倍かを表している数値だ。東証一部上場企業の平均はだいたい15倍だから、これよりも高ければ株価が割高、低ければ株価が割安といえるな。ただし、業種によってPERの平均は違うから、業界ごとの平均は自分で調べる必要がある」といつものパターンで説明してくれるオオタ部長。

PBR(price book-value ratio)はやな、株価純資産倍率ゆーて、一株あたりの純資産に対して株価が何倍かを表しているんや。株価1,000円で一株あたりの純資産が1,000円ならPBRは1、純資産が500円ならPBRは2や。基本的にPBRが1以下やと割安なんやが、経営状態が悪いこともあるから、しっかり調べとかなあかんで」

PERPBRは、株価が割高か割安かを調べるためのひとつの目安でしかない。割安でお買い得に見えても、ニシカワくんのいうように経営状態に問題があることも十分考えられるので、その他の情報もしっかりチェックしなければいけないんだ。株式投資の基礎として解説しているサイトがたくさんあるから、自分で調べてみなさい」

なるほど、PERPBRは会社の価値に対して株価が適正かどうかを判断する材料になるということか。さっそく、調べてみよう。

株価の推移がわかるチャートと過去の配当もチェック!

PERPBRの解説はオオタ部長のいうように、たくさん見つかった。あくまで目安のひとつにしかならないことは理解できたが、それではさらに絞り込むにはどうしたらいいのだろう?

「部長。PERPBRについてはしっかり調べました。目安のひとつということはわかったのですが、さらに絞り込むにはどこを見ればいいんでしょうか?」

「そうだな。上にある株価チャートもみておいた方がいいだろう。株価がどう推移してきたのかがわかるから、上昇しているのか、下降しているのか、横ばいなのかといった、だいたいの状況は見えてくるなぁ」

「最初は難しく見えるやろうけど、チャートの見方は勉強しといた方がええで。四季報に載っとるんは“月足”といって毎月の株価の推移を記録したもんや。一般的には長期投資を考える場合は参考になるといわれるで。これも解説サイトが山ほど見つかるハズや」

「チャートの見方ですね。ほかにもありますか?」

「なんやえらい積極的やなw まあ、エエ傾向やで。そやなぁ……初心者でもわかりやすいゆーたら、あとは【配当】の欄やろうな」

「【配当】ですか?」

「そや、真ん中の下にある欄や」

「配当というのは、株主に対して利益の一部を還元することだ。この欄には一株に対して配当金がいくらだったかという過去実績と来季の予想、予想配当利回りが掲載されているんだ。着実に配当金が伸びている会社は、順調に成長していると考えていいだろう」と、オオタ部長がふたたび親切に解説してくれた。

「四季報には本当にいろいろな情報が詰まっているんですね」

「そやな。でもな、まだまだ見なきゃあかんところはたくさんあるでw 銘柄をだいたい絞り込んだら、財務状況やキャッシュフロー、資本の移動、業績なんかもチェックせなあかん」

「ニシカワくんのいうように、最終的には細かい数値もすべてチェックしなければならないんだ。といっても、いきなりそこまで自力でできるはずもないから、まずは今いった基準で自分なりに銘柄を選んでみなさい。そこまで、できたらその先を教えよう」

「わかりました。ありがとうございます!!」

業績予想のいい銘柄で、自分が投資できる金額で買えるものをピックアップ。そこから、PERPBR、配当をチェックして絞り込むというわけか。わからない部分はネットで調べながら、まずは自分なりに選んでみよう!(最近は前向きで意欲も出てきて感心感心)

次回へ続く。

>> 投資はじめましたの新着情報を受け取る

※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。
 実在の取材などでご協力いただいた皆様については、許諾いただいた場合に限り、実名でご登場いただきます。
 フィクションとしてお楽しみいただきつつ、皆様の資産形成にお役立てください。

株式会社明豊エンタープライズ_M-Lots田園調布


検索


新着記事


公式Facebookページ


公式Twitterアカウント


運営者情報

小口化投資商品の流通プラットフォーム 「みんなの投資online」の運営事業

株式会社スマートマネー・インベストメント 
〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目1番7号 日比谷U-1ビル13階

メニュー