catch-img

第27話 買い物のお釣りで投資を始めよう!

(写真= ITTIGallery/Shutterstock)

前回:“純金積立”のことを調べ、積み立て投資の有効性を知った。
投資はじめました第26話はこちら

目次[非表示]

  1. 1.貯金か?積立投資か?
  2. 2.フィンテックってなんだ?

貯金か?積立投資か?

“投資”をするためにはある程度の資金が必要なので、まずはその資金を貯めることを考えていた。しかし、純金積立のように毎月1,000円といった少額から投資できるのであれば、資金を貯める時間を短縮できるのではないだろうか?「時は金なり」と田舎のじいちゃんがよくいってたし……。

この疑問をニシカワ先輩にぶつけてみる。

「先輩、ちょっと質問があります。たとえば、ボクの毎月の貯金額である5万円を5年かけて300万円に貯めてから、その300万円を一括で全額投資をするよりも、毎月5万円の貯金額を“純金積立”のように毎月運用して5年間それを継続して行った方が時間を有効に使えるし、効率よく資産が増える気がするんですけど、どう思いますか?」

「そやなぁ。積立投資は増える可能性もあるが、もちろん投資だから、減る可能性もあるで。その一方で、貯金は知っての通り、金利が低いからあまり増えないけど、減る可能性は限りなく少ないんや。そやから、一概にどっちがいいとはいえんわな。しっかりと自分自身でリスクとリターンを考えて、自分に合った投資を選択せんと」

「そうですよね……たとえ少額でも投資をするってことは、リスクもあるってことですね」

「まぁ、投資やからなぁ。ちなみにそのリスクある反面、積立投資のメリットって何かわかるか?」とニシカワ先輩の質問が。

「メリット、メリット…、あっ!
安いときはたくさん買い、高いときは少しだけ買う“ドルコスト平均法”ですね!!」
ドルコスト平均法は前回出てきたので、その後きちんと勉強しておいた。

※ドルコスト平均法とは、同じ投資先に一定の間隔で一定の金額を継続的に投資する方法のこと。前回、ボクは“純金積立”について調べていた。純金積立の投資対象である“金”は毎日価格が変動するから、一度に大量に“金”を買うと価格変動リスクが高くなってしまう。だからそこで、純金積立では“金”を購入する時期を毎月1日とか細かく分散してリスクを減らすメリットがある、ということを前回オオタ部長、ニシカワ先輩から学んだ!

「積立投資のメリットはほかにもあるぞ。それは投資に対する“心理面”だ。相場が上がっているときは高値掴みの恐怖から購入を躊躇してしまいやすい。逆に相場が下がっているときに多く買うのも勇気が必要だろう。ところが、積立投資は相場の状況に関わらず毎回一定額で買うから、こうした心理面での葛藤が少なくなる。これは投資初心者にとっては大きなメリットだろう」と、いつもどおりオオタ部長が突然会話に入ってくる。もう慣れたので驚かないが、ボクと先輩の話を聞いていないようですべて聞いているのはちょっと怖いw

フィンテックってなんだ?

(写真=a-image/Shutterstock)

ちょうど、部長が話しているタイミングで総務のマイコ先輩が書類を届けにやってきた。
「今日はいったいなんの話??」

「貯金より積立投資の方がいいんじゃないかと思って質問していたところです」
今日もマイコ先輩はとても素敵だ……。

「積立投資なら私もやってるわよ」とマイコ先輩。

「えっ、ほんとですか!? どんな投資なんですか!?」

「私がしている積立投資は、買い物した時の“お釣り”で投資するサービスよ。スマホで手軽にできるし、預けたお金の運用は自動でやってくれるから、難しい知識もいらないし、なにより『さあ投資するぞ』って身構えなくていいから気楽なのよね~」

「お釣りで投資するゆーたら、最近注目の金融とITを組み合わせた“フィンテック”と呼ばれるサービスのひとつやな」とニシカワ先輩。

「ふぃんてっく???」

「なんやフィンテックも、知らんのかぃな。説明したるわ、しゃーないのー。
“フィンテック”っちゅーのはな、ファイナンス(finance)とテクノロジー(technology)を合体させた造語なんや。“テクノロジーを活用した革新的な金融サービス”といった意味で使われることが多いわ」と、かなりのドヤ顔で説明してくれるニシカワ先輩。
マイコ先輩を意識しまくっているのは間違いない。

それにしても、“フィンテック”。わかるようで、わからないような説明だ……。
「なんだか難しいですね……」

「フィンテックを活用したサービスに、こんな記事がみんなの投資onlineに載ってるぞ」とオオタ部長。

リンク先はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://mintou-online.com/toushi-no-shikata/popularity/no3/1273

「こんな記事があったんですかぁ!初めて見ましたぁ! 」

「何!?!?!?“みんなの投資online”を見とらんのか!?!?!?」
いつも以上にニシカワ先輩の声が上がった…(怖すぎる)

(す、すいません、先輩…)

「細かいことはいいじゃない(笑)。スマホで手軽に投資ができるサービスって覚えておけばOKよ」とマイコ先輩。

「そ、そうですね! マイコ先輩がやってるなら、ボクもやってみようかな!いろいろ教えてください!!」
よしっ! これで、マイコ先輩との接点が増やせるぞ!!

「じゃ、あとは“お釣り投資”で調べてみてね。もうキミの知識なら、ワタシが教えなくても読めばわかるハズよ。がんばってね、またね~」と笑顔でマイコ先輩は去っていった。

「うまくかわされたなw」となんだか嬉しそうなニシカワ先輩。

「マイコくんの言うとおり、自分で調べればわかるだけの知識はもうあるはずだ。やってみるかどうかも含めて自分で考えなさい」とオオタ部長。

オオタ部長に認められてきたのは素直に嬉しいが、マイコ先輩にうまくかわされたのが残念だ……。こうなったら自分もお釣りで投資をはじめて、共通の話題を作って仲良くなろう。

よし、決めた!! 自分もお釣りで投資、やってみるぞ!!(動機が…)


次回へ続く。

>> 投資はじめましたの新着情報を受け取る

※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。
 実在の取材などでご協力いただいた皆様については、許諾いただいた場合に限り、実名でご登場いただきます。
 フィクションとしてお楽しみいただきつつ、皆様の資産形成にお役立てください。


>>小口投資商品一覧表<<
※みんなの投資onlineで紹介した
小口投資商品を一覧にしております。


検索


これから投資を始める方へ

新着記事


公式Facebookページ


公式Twitterアカウント


運営者情報

小口化投資商品の流通プラットフォーム 「みんなの投資online」の運営事業

株式会社エー・ディー・ワークス
〒100-0011 東京都千代田区内幸町2丁目2番3号 日比谷国際ビル5階

メニュー