catch-img

第20話 原油ってどうやって価格が決まるの?

経済発展著しい海外への投資に興味を持ったものの、投資初心者にはややハードルが高いように少し感じた。(写真=Egorov Artem/Shutterstock)

前回:韓国ベンチャーへの投資について調べたことで、為替の影響を受けない円建てで外国へ投資する方法もあることを知った。投資はじめました第19話はこちら。

目次[非表示]

  1. 1.ガソリン価格を決めるのは何?
  2. 2.原油価格に連動する原油ETF
  3. 3.意外に多い原油ETF

ガソリン価格を決めるのは何?

日曜日はレンタカーを借りて彼女と海水浴を楽しんだのだが、ガソリン代のことがアタマからスッポリ抜けてしまっていたため、給料日前だというのに手痛い出費に。

「やっぱり、ハイブリッドカー借りればよかったかなぁ……」とボヤキながら、一人寂しく昼食の牛丼を食べていると、

「なんや、今日も牛丼かいな」と、ニシカワ先輩が声を掛けてきた。

「ええ、ちょっと遠くまでドライブしたら、思っていた以上にガソリン代がかかってしまって……」

「ガソリンは去年の夏からじわじわと上がってるからな。しかも最近、原油先物が50ドルの大台に乗ったから、まだまだ上がる可能性があるで」

「原油先物??? 先輩はなんでそんなものまでチェックしてるんですか?」

「そりゃ、投資のために決まっとるやないか。というか、原油価格は日経でもニュースでもやってるはずやで」

言われてみればそうかも……自分には関係ない話題と思って聞き流していたようだ。しかし、原油も投資先になるとは初耳なのでニシカワ先輩に疑問をぶつけてみる。
「どうやって投資するんですか? どんなメリットがあるんですか? どれくらいのリターンがあるんですか? どうしてガソリンが値上がりするってわかるんですか?」

「質問魔かw 多すぎるで、まったく……」

「まあまあニシカワくん、簡単でいいから説明してあげなさい。原油のことを知るのも投資の勉強になるだろう」と、いつものように音もなく現れて、優しく先輩を諭すオオタ部長。

「部長がそない言うんなら、説明しないこともありませんけど……」と、渋々感たっぷりの先輩。

先輩はおだてに乗りやすいお調子者の関西人(偏見)なので、
「お願いします!」と、頭を下げて教えを乞うことにした。

原油価格に連動する原油ETF

(写真=Pavel Ignatov/Shutterstock)

「まず質問や。原油といえばどこや?」

産油国と言えば中東だ。だから「もちろん中東です!」と自信たっぷりに答える。

「日本は中東の原油に頼ってるからそう考えるのも仕方ないんやけど、世界の原油価格として基準になっているのは米国のWTI原油先物価格なんや。一般的に原油価格といえば、このことを指すと思ってええで」と、したり顔の先輩。ひっかけ問題だったか、やられた。。

「え? アメリカなんですか?」と、大げさに驚いてみる。先輩を気持ちよくさせて、さらにいろいろなことを教えてもらう作戦だ。

「そや。原油価格はアメリカのWTI原油先物、北海のブレント原油、中東のドバイ原油・オマーン原油などが指標とされとるんや。原油は天然資源やから品質もマチマチなんやけど、アメリカの原油は生産量が少ないわりに品質がええんや。そやから人気がある。しかも規模の大きいニューヨーク市場で取り引きされるため、お金もたくさん動く。だもんで、WTI原油先物が国際的な指標になるっちゅーわけや。需給バランスはもちろん、世界情勢や各国の経済情勢にも敏感に反応するんで、原油価格の変動はニュースになるっちゅーわけやな」

「WTIは“ウェスト・テキサス・インターミディエイト”の頭文字だ」と、眉ひとつ動かさない部長。

「……そうなんですね」と、新しい情報だらけで消化しきれず、あいまいな返事に。

「で、このWTI原油先物価格に投資するのが、原油投資っちゅーことや。わかったか?」
ドヤ顔全開の先輩を認めるのは悔しいけど、やっぱりこの知識量は普通じゃない。

「わかりました……が、どうやってニューヨークの原油先物に投資するんですか?
そもそも先物取引はリスクが高いって父親が言ってました。大丈夫なんですか?」

「先物取引というのは、レバレッジといって預けた証拠金の何倍もの取引ができる仕組みになっているんだ。だから、利益も大きいが損も大きい。場合によっては、預けた証拠金の何倍、何十倍もの損失になる可能性もあるから、投資初心者が手を出すものではないという意見もあるな」と部長。

「オレがやってるのは先物ちゃうで、原油ETFや。ETFっちゅーのは、上場投資信託といって市場に上場されている投資信託のことや。投資信託は1日に1回しか売買できず、販売手数料や信託報酬が高めやけど、ETFは株と同じように1日に何回でも自由に売買でき、手数料や信託報酬も低めなんや。だから、先物取引よりもずっと投資初心者向きやろうな」

「へ~、そうなんですね。原油ETFは1種類だけなんですか?」

「それは自分で調べられることや。何でも教えてもらえると思ったら大間違いやで。さぁ仕事、仕事」

意外に多い原油ETF

たしかにニシカワ先輩の言うとおりだ。早速、自分で調べてみると……

  • WTI原油価格連動型上場投信
  • ETFS WTI原油上場投資信託
  • NEXT FUNDS NOMURA 原油インデックス連動型上場投信

の3つが代表的な原油ETFのようだ

そのほか、実際の値動きの倍の値動きになるレバレッジ型、原油先物価格と反対の値動きになるインバース型というものも見つかった。どちらも、投資初心者が手を出すものではないと感じたが、今度機会があったら部長や先輩に聞いてみよう。

しかし、毎回思うことだが、投資の世界は底が見えないほど深い。うかつに飛び込むと簡単に溺れてしまうだろう。泳げるようになってから海に行ったほうがいいのと同じように。この間の海で浮き輪なしではいられなかった自分の姿が重なって見える。
知識を溜めて、元手を作って、彼女との明るい未来のために、がんばるぞー!!(と、投資することが目的になってはいなかったみたいで安心しました)


次回へ続く。

>> 投資はじめましたの新着情報を受け取る

※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。
 実在の取材などでご協力いただいた皆様については、許諾いただいた場合に限り、実名でご登場いただきます。
 フィクションとしてお楽しみいただきつつ、皆様の資産形成にお役立てください。

運営者情報

小口化投資商品の流通プラットフォーム 「みんなの投資online」の運営事業

株式会社ADワークスグループ
〒100-0011 東京都千代田区内幸町2丁目2番3号 日比谷国際ビル5階