みんなの投資online

[caption id="attachment_2015" align="alignnone" width="640"] (写真=Jane Kelly/Shutterstock.com)[/caption]

3月に入って労使交渉の結果発表が立て続けにありましたが、満額回答が多く、各企業とも業績の良さを表している感じですね。
一方で国内政治でも海外でもいろいろと動きがあり、実際に株価にもマイナス方向に影響が出てきてたりします。年度末に向け全速力の方々も多いなかで、しばらくは落ち着かない状況が続きそうですね。

 さて、そんな3月上旬、
 みんなの投資onlineの掲載記事を一気に紹介しましょう!

3月上旬掲載分のラインナップは以下の通りです!
3月上旬は、貸し会議室の運営を行われる "株式会社スペイシー" のインタビュー記事が、不動産オーナー目線、投資家・ユーザー目線の2本立てで掲載されました!

不動産オーナーの方も、貸し会議室ビジネスを明日から始められたい方も、そして貸し会議室を随時、探されている方にも必見の記事となっております!


●大人気シリーズ「投資を始めました」3本 (第43,44,45話)

●【貸し会議室・レンタルスペースを1室1時間500~1,000円で貸し出し・利用可能、明日からでも始められる貸し会議室ビジネス】~遊休スペースを時間制の貸し会議室として収益化 株式会社スペイシー 代表取締役 内田圭祐~

●【初期投資はおよそ1年で回収可能?空室があって困っているビルオーナー様も必見!】~都心の賃貸物件を時間制の貸し会議室として運営する新しい不動産投資 株式会社スペイシー 代表取締役 内田圭祐~


それでは1本ずつ、紹介しましょう!!

① 投資をはじめました 第43話 「会社四季報を読み込んでみる!」

会社四季報を買ってきて、先日オオタ部長・ニシカワ先輩にチェックすべきポイントを教えてもらったところを付箋で貼っていくが、業績のいい会社が多く、なかなか投資先がしぼれない・・・。「会社四季報にはもっとみるべきポイントがあるはずだ」そう決心した主人公は、今日もオオタ部長・ニシカワ先輩に教えを乞う。に、しても、この【予想PER】 【PBR】って一体なんだ。。。?

続きはこちら>>

② 投資をはじめました 第44話 「四季報の損益計算書で業績を読み解く」

オオタ部長とニシカワ先輩に会社四季報の読み方を教えてもらい、PERとPBRのこともなんとなくは理解できた主人公。それでもまだ銘柄はたくさんある。
「まだ、投資先をしぼりたかったら、次はPLのチェックやなぁ」
ぴーえる?あの高校野球で有名だったとこか?なんて思いながらも今回も、冬季オリンピックで話題になった北海道のお菓子をもぐもぐ食べるニシカワ先輩に「PL」について聞いてみた。

続きはこちら>>

③ 投資をはじめました 第45話 「四季報の財務欄で貸借対照表の情報を読み取る」

部長と先輩に会社四季報の損益計算書の数値から、会社の実力や収益性を読み解くことを教えてもらったおかげで、会社四季報の見方がだいぶわかってきた。とはいえ、まだわからないところもあって、とくにこの【財務】の項目が気になる…。今回は、その【財務】の項目について、ボクの大好きなマイコ先輩に聞いてみた。

続きはこちら>>

④ 遊休スペースを時間制の貸し会議室として収益化 株式会社スペイシー 代表取締役 内田圭祐

貸し会議室・レンタルスペースの予約サイト「Spacee(スペイシー)」を運営する株式会社スペイシー。会社の会議室の空いている時間帯や英会話教室の授業がない時間、また居酒屋の個室などの空き時間で発生する遊休スペースをシェアすることで、1室1時間500円~1,000円の価格で借りることをスペイシーは実現しています。2本立てでお送りする第一弾目のコラム。今回は、株式会社スペイシー 代表取締役 内田圭祐氏にその貸し会議室ビジネスについてお伺いしました。

続きはこちら>>

⑤ 都心の賃貸物件を時間制の貸し会議室として運営する新しい不動産投資 株式会社スペイシー 代表取締役 内田圭祐

スペイシーが展開する会議室のシェアリングサービスは、会議室利用者だけでなく、遊休スペースの借り手側にも好評があるサービスです。収益性は立地にもよりますが、駅前やビジネス街近くの需要が高いエリアだと、月15万円から20万円ぐらいの収益が見込めます。第二弾目となる今回は、貸し会議室ビジネスの借り手側のメリット、収益性などについて株式会社スペイシー 代表取締役 内田圭祐氏にお伺いしました。

続きはこちら>>

スペイシーを実際使ってみると、スマートロックの操作とか少々不安や面倒なこともありますが、その価格の安さには圧倒されます。利用の仕方など問題点はどうしても出てきてしまいますが、遊休時間のマネタイズができることで収入が増え、不動産投資の収支が好転する好循環も産み出しています。ITというかスマートフォンの高性能化、普及により出来た新しいサービスの典型ですね。わたしたちも新規事業考えなくちゃ。あ、それも重要ですが、まずは年度末に向けて頑張りましょう!


>>小口投資商品一覧表<<
※みんなの投資onlineで紹介した
小口投資商品を一覧にしております。


検索


これから投資を始める方へ

新着記事


公式Facebookページ


公式Twitterアカウント


運営者情報

小口化投資商品の流通プラットフォーム 「みんなの投資online」の運営事業

株式会社エー・ディー・ワークス
〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目1番7号 日比谷U-1ビル13階

メニュー