Original

「旅行」の資金を貯めることを目的とした、日本初となる自動積立アプリ「TABI CHOKIN(旅貯金)」の提供をスタート 株式会社ファーストスウェル代表取締役 池田 誠一郎氏

TABI CHOKIN(旅貯金)

https://www.tabi-chokin.com/


旅先や目標額、目標日を設定し、自分で決めた金額をクレジットカードから自動で積立できるアプリ「TABI CHOKIN(旅貯金)」。この日本初となる旅行積立アプリの魅力について、提供元である株式会社ファーストスウェル代表取締役の池田 誠一郎氏にお話を伺った。


目次[非表示]

  1. 1.ライフステージで変わるお金の使いみち
  2. 2.自分のペースで無理なく貯められる
  3. 3.自由度の高さが魅力
  4. 4.上質なサービスのような広告
  5. 5.ワンランク上の旅ができるようなサービスを提供したい
  6. 6.お問い合わせ先


ライフステージで変わるお金の使いみち

ライフステージによって、お金の使い方の優先順位、または貯金の優先順位は必ず変わります。例えば、学生のときはアルバイトして貯めた30万円でアジア各国を回ることができても、就職したらそうはいきません。保険に入ったり、将来の結婚や子育て、マイホーム購入に備えてお金を貯めたりしないといけません。


そうなったとき、最初に削られるのは趣味だったり、レジャーだったりします。例えば、毎月服に2万円かけていたのに5,000円に減らすとか、年2回の旅行を1回にするとか……。本当はそこに安らぎや価値を求めたいのに、ライフステージの変化に伴ってお金の優先順位が変わり、そういったものから削っていかざるを得ないんです。


しかし、旅行が嫌いという人はほとんどいないと思っています。ある会社が行った「貯金する理由は何ですか?」というアンケートの結果では、第1位の理由は「旅行のため」でした。つまり、旅行のための貯金は非常に需要が高い一方、実際は旅行にお金を回せなくなってしまう人が多いのだと思います。


自分のペースで無理なく貯められる

事業を立ち上げる前に、コーヒーショップのコーヒーを一杯我慢したという仮定で、毎日500円ずつ貯金してみました。すると気がついたら1年で10万円以上は貯まっていました。そのお金で実際に家族旅行に行くことができた。こうした自分の実体験から「日々の生活の中で無理なく貯めて、いつのまにか貯まったお金でお得に旅行に行けたらいいな」という考えが生まれました。


ですから、TABI CHOKINの積立額は、自分のペースで無理なく貯められるということです。ただ単に旅行のために貯金するのはなかなか大変な気がしますが、1日300円でも貯金すれば、年間10万円以上は貯まります。そうやって自分のペースで無理なく貯めて、お得に旅行に行けるということをプロダクトにしようと思ってTABI CHOKINをつくりました。


最終的に目指しているところは、教育費、住宅の購入資金の準備といったようにライフステージに応じて役立つ、積み立てのプラットホームです。


また、お客様と常にコミュニケーションを取りやすいように、iPhoneアプリでサービスを開始しました。1月下旬にはAndroid版アプリを公開予定。今後はWeb サービスも展開していく予定です。

自身の積み立て体験を語る株式会社ファーストスウェル 代表取締役 池田 誠一郎氏


自由度の高さが魅力

TABI CHOKINは2018年の夏にスタートしましたが、おかげさまでご好評を頂いています。最も驚いているのは、始められた方の離脱率が非常に低いということです。あくまでも自分で積み立てのペースを決められるので、「ちょっと今月は厳しい…」となれば、金額を減らせばいいし、一回自動積立をストップしようと思えばいつでもストップできることが途中で折れない理由だと考えています。


旅先や目標金額、目標日などはいつでも変えられますし、自動積立だと生活が苦しいかもしれないという人はオフにすることもできます。その場合「クイック積立」という機能でいつでも500円から好きな金額を積み立てられます。また、積立額はANA旅行券でいつでも受け取ることができます。千円単位での交換になりますが、概ね5営業日程度で旅行券を受け取れますので、本当に自由度が高いんです。


昔からある旅行積立との違いはまさにこの部分です。旅行積立の場合、銀行の積立定期預金のイメージで、毎月決まった金額が銀行から引き落とされて積み立てられるので、どうしても自由度が低くなってしまいます。


もうひとつ、自動積立なら完全にほったらかしでも、気がついたらいつの間にか貯まっているというのもメリットです。


さらにTABICHOKINでは積立金5万円ごとに1,000円のANA旅行券をプラスしています。つまり、5万円だと5万1,000円、10万円だと10万2,000円、15万円だと15万3,000円になります。


上質なサービスのような広告

TABICHOKINでは今後、上質なサービスのような広告を出していきたいと考えています。たとえば「来年の8月27日に予算20万円でハワイにふたりで行きたい」とアプリに設定すれば、「いつ・いくらで・誰が・どこに行きたいのか」という情報がわかってきます。


検索サイトだと、ここまで細かい情報はわかりません。あくまでもキーワード検索ですし、トラッキングで広告を出すので、ニーズに合っていない広告が出てきた経験がある方も多いのではないでしょうか?


反対にこういう情報があれば、予算にあったホテルやレンタカーなどに加えて、気候に合った服やマイレージが付くクレジットカードの広告を出すことができます。広告というより、ホテルの上質なサービスのように、旅行のための優良な情報やお客様にとって意味のある情報をピンポイントで出すということが僕のイメージです。これなら、広告を出すクライアントさんにもメリットがありますし、お客様にもメリットがあると考えています。


ワンランク上の旅ができるようなサービスを提供したい

お客様が資金を利用できる幅も広げていきたいですね。個人的には旅行とアパレルを絡めたいと思っています。貯まったお金を使っていつもよりいい服を着てヨーロッパ旅行に行こう、といった意味合いです。


また、金銭的なメリットだけでなく、ホテルの部屋や食事のアップグレード、ラウンジの利用権などで、ワンランク上の旅行を楽しめるようにしたいとも思っています。

株式会社ファーストスウェル代表取締役 池田 誠一郎氏



※本記事はいかなる商品の販売、ならびに投資勧誘を意図するものではなく、また、「みんなの投資online」運営者が商品の内容を保証するものではありません。記載の内容につきましては株式会社ファーストスウェル様にお問い合わせください。

お問い合わせ先

株式会社ファーストスウェル

https://www.tabi-chokin.com/company/


お問い合わせはメールで。

https://www.tabi-chokin.com/contact/




>>小口投資商品一覧表<<
※みんなの投資onlineで紹介した
小口投資商品を一覧にしております。


検索


これから投資を始める方へ

新着記事


公式Facebookページ


公式Twitterアカウント


運営者情報

小口化投資商品の流通プラットフォーム 「みんなの投資online」の運営事業

株式会社エー・ディー・ワークス
〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目1番7号 日比谷U-1ビル13階

メニュー