Original

関西最大級のメガソーラー事業者が手掛ける不動産小口化商品 株式会社SKペイバンク シニアコンサルタント 尾形 功氏

不動産特定共同事業をはじめ8年。グループで手掛ける太陽光発電事業で蓄積したノウハウをもとに、今回は太陽光発電用地として貸し出す自社保有の不動産を小口化商品として販売開始。運用期間は3年間から、最長で25年間の運用が可能。さらに、電子取引による募集を開始することにより、投資家の裾野を広げる取り組みをされている、株式会社SKペイバンク シニアコンサルタント 尾形氏にお話を伺った。

商品概要ページはこちらから↓
株式会社SKペイバンク「スターエイト」


目次[非表示]

  1. 1.母体は関西圏を中心に創業46年を迎える「倉商SKグループ」
  2. 2.分散投資先のひとつの選択肢
  3. 3.過去8年間「無事故・無違反」という実績
  4. 4.太陽光発電関連の小口化商品という新しい提案
  5. 5.投資の裾野を広げ、投資家を育てたい
  6. 6.お問い合わせ先

母体は関西圏を中心に創業46年を迎える「倉商SKグループ」

弊社は、不動産特定共同事業法による投資商品を8年前から手がけておりました。これまでは兵庫県の「佐用スターリゾート」のなかにある不動産を対象としており、投資家の方々にはスポンサーとして協力していただき、そのお礼として配当を分配するというスタンスで事業を行っています。また、不動産事業として佐用スターリゾートのなかにある別荘地の販売も手がけています。


弊社の母体となっているのは「倉商SKグループ」で、冷蔵冷凍倉庫業からスタートして、今年で創業46年目になります。現在では、不動産業のほか、ここ数年は「グランパスリゾート白浜」「佐用スターリゾート」などのリゾート、ゴルフ場や太陽光発電にも力を入れていて、多角的な経営をしています。おかげさまで関西圏での知名度は高いと自負していますが、全国的にはまだまだ知名度が低いのではと感じています。


(自社のルーツについて語る尾形氏)


分散投資先のひとつの選択肢

当社としては、資産がある程度あって、いくつかの保管場所が必要なとき、不動産特定共同事業法の商品を、その選択肢のひとつとして考えていただきたいと思っています。


投資の世界では、「卵は一つのカゴに盛るな」という格言があります。卵をまとめてカゴに入れておくと落としたらすべて割れてしまうが、複数のカゴにわけておけば、カゴをひとつ落としてしまっても、ほかには影響がない。つまり、資産をひとつの投資先にまとめるのではなく、複数の投資先に分散することでリスクも分散しようという「分散投資」の考え方になります。そういった意味で、資産の分散場所のひとつとして私どもの商品をご検討いただければと思っています。


過去8年間「無事故・無違反」という実績

今回の「スターエイト」ですが、運用期間は最長25年で、5年型と3年型のふたつがメインとなっています。年率が年間で最大3.5%ですので、他社商品と比べると、決して高いといえるものではありません。ですが、これまで8年間販売してきました不動産特定共同事業の商品すべてが、予定配当率を満額で達成していますし、支払い遅延などもありません。弊社では「無事故・無違反」と表現していますが、まったく無理をしていない商品といえますし、十分な実績もありますので、そのあたりを汲んでお客さまに判断していただければと思います。


もうひとつ、元本がきちんと戻ってくるかどうかは、対象となる不動産の資産価値にかかっています。もし、資産価値が減少してしまったら元本割れを起こす可能性もございます。


そこで、当社では優先出資・劣後出資に分けるシステムを取っております。お客さまには優先出資者としてご参加いただき、配当と元本はお客さまを優先して分配します。劣後出資に関しましては、分配後に残った利益があれば分配する仕組みになっています。その割合が優先出資80%、劣後出資20%ですので、理論上は不動産の価値が20%下落しても優先出資のお客さまには影響がありません。もちろん、それよりも割り込んでしまったら元本割れとなりますので、それはリスクのひとつとして認識していただきたい部分です。


太陽光発電関連の小口化商品という新しい提案

当グループでは、関西電力圏内の太陽光発電所としては最大規模となる30MWのメガソーラーを保有しています。太陽光発電が推進された初期に始めていますので、発電した電気を高い価格で買い取っていただいており、その収益がグループの要のひとつにもなっています。


太陽光発電事業において、「太陽光パネルや電気を集めて送電するコントロールパネルが壊れたらどうするのか?」と心配される声を多く頂戴します。現時点では、今までも、また今年9月に関西地方に大きな被害を出した大型台風のときも、私どもが設置した太陽光パネルは1枚も被害が出ておりません。もちろん、有事を想定して施工しているということもありますし、何かあった場合でも電気工事の専門家が即応できる体制は整えてはいます。


今回販売開始する「スターエイト」ですが、当社所有の不動産を太陽光発電用地として貸し出し、賃貸収入を収益とするスキームをたてつけています。ですから、今回の商品においては、太陽光の発電収益が配当に回っているという訳ではありません。太陽光発電は、天気が良ければ収益は上がりますし、悪ければ下がります。しかし今回は、太陽光発電地としての賃貸収入を配当の原資としているので、発電量の増減によって収益や配当が上下するということはありません。良い意味では安定性を見込める商品、逆にいえば、予定配当率表を上回るような配当というのは望めない商品ということです。 

(佐用スターリゾートに隣接する関西電力圏内最大規模のメガソーラー)


投資の裾野を広げ、投資家を育てたい

グループ全体でも十分収益源があるなかで、不動産特定共同事業に参入した理由のひとつとして、グループのPRにつながればという部分もあります。おかげさまで8年間無事故・無違反でやってきましたが、こうしたことを積み重ねることによって、グループの信頼といった部分でも相乗効果が生まれるのではないかと考えています。


これまでの販売商品では、契約時に当社にご来社いただく必要があったため、どうしてもお客さまは関西圏に限られていました。、しかし、不動産特定共同事業8年目を迎えた今回から、新しい取り組みとして電子取引による募集を開始します。従来とは異なり、電子署名で契約でき、当社にご来社いただく必要もなくなるため、全国のお客さまに参加していただけたら嬉しいと考えています。また、さらなるグループのPRにもつながれば、より嬉しく思います。


もうひとつ、「投資の裾野を広げ、投資家を育てたい」という想いもあります。資産運用というと株式やFX、リートなどはご存知の方も多いのですが、不動産特定共同事業法による小口化商品は、まだまだ知られていません。今回電子取引を開始したことにより、より多くの投資家の方に、この商品を知っていただきたいと考えています。


最後に、弊社のグループ全体のお話しをさせていただくと、不動産特定共同事業や太陽光発電もそうですが、昔から手広くいろいろな業種に参加してきています。比較的フットワークが軽く、商売に結びつくようなことがあれば即実行という体制をとっているのが特徴です。そうしてお客さまの信頼をひとつひとつ勝ち取って、社会に貢献もできて、なおかつ会社も潤い、従業員も豊かに暮らせるというのが理想です。よく社員には「三位一体」という話をしますが、お客様がいて、会社があって、従業員がいて、その三つの関係がうまくいって、初めて成功といえるのだと考えています。

(株式会社SKペイバンク シニアコンサルタント 尾形 功氏)


お問い合わせ先

株式会社SKペイバンク

スターエイト商品ご紹介ページ

スターエイトお問い合わせ先:0120-763-706

(受付時間 9:00~17:00 土日祝日除く)



株式会社明豊エンタープライズ_M-Lots田園調布

>>小口投資商品一覧表<<
※みんなの投資onlineで紹介した
小口投資商品を一覧にしております。


検索


編集部おすすめ記事

新着記事


公式Facebookページ


公式Twitterアカウント


運営者情報

小口化投資商品の流通プラットフォーム 「みんなの投資online」の運営事業

株式会社スマートマネー・インベストメント 
〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目1番7号 日比谷U-1ビル13階

メニュー