catch-img

【ロボアドバイザーが拓く、新しい資産運用マーケット】次世代の金融インフラを創りたい ウェルスナビ株式会社 代表取締役CEO 柴山和久

FinTechを活用し、最適な資産の運用をコンピューターが自動的に行うロボアドバイザーのサービスを提供するウェルスナビ株式会社。

財務省やコンサルティング大手のマッキンゼー・アンド・カンパニーで金融・投資の最前線に関わってきた創業者、柴山和久氏のもとで開発された、業界最高水準の自動化レベルとスピードを誇るロボアドバイザーサービスは、これまでに投資経験のないユーザーに対して安心して投資の第一歩を踏み出すためのツールとして大きな力を発揮しており、正式リリースから1年で口座申込34,000件、預かり資産200億を超える実績を出し、ユーザーから大きな支持を集めているのがウェルスナビ株式会社だ。

日本における投資運用の未来を変えるこのサービスのもと、彼はどのようなビジョンをその未来に描いているのだろうか。

>>連載第1回はこちら

>>連載第2回はこちら

目次[非表示]

  1. 1.ウェルスナビのサービスは「予防注射」
  2. 2.投資が当たり前になる時代がきっとくる

ウェルスナビのサービスは「予防注射」

柴山氏:

退職金を取得し、初めて投資をしたけれど、思ったように資産運用ができず、退職金が少し減ってしまった、というような話を時々耳にしますが、それを例えるなら、60歳で初めておたふくかぜにかかってしまったようなもの、だと私は思います。

5月から提供開始した「マメタス」は、そういうことが起こらないようにするための、いわば予防注射であると思います。

予防注射を受けておけば、リスクを最小限に抑えることができるはずです。おつりで資産運用するような少額のサービスで、きちんとリスクを、あるいは自分の資産をコントロールする正しい方法を身につける。それによって、失敗しづらい投資運用を実現する。そのような経験を若い方々へ提供することが出来れば、と思っています。

ウェルスナビは、会社として次世代の金融インフラを創りたい、金融インフラになりたいと思っています。

インフラというのは、例えば電車に乗る、メールを送るなど、誰でも安心して気軽に使えるものだと思います。しかし、それらは全て、昔は一部の人しか使えないようなサービスでありました。特別な時にしか行けなかった飛行機に乗ってのハワイ旅行が、現在では若い方でも行けるようになりました。これがインフラであると私は思っています。飛行機は、インフラでなかったものがインフラになった大きな例です。

現在の日本では、資産運用はまだ誰もが安心して気軽に利用できるインフラになりえていないと思います。資産運用は今、富裕層の方、退職された方など、資産を多く持った方々へのサービスでしかありません。

しかし、5年後、10年後にはこういった状況が変化していくのではないかと思います。資産の使い道は個人の自由ですが、投資をしたいと思った時に安心して投資ができる時代がきっと来る。その時に、ウェルスナビの仕組みもインフラの一つとして選ばれる存在でありたいと思っています。」


投資が当たり前になる時代がきっとくる

この6月に行われた政府の未来投資会議で採択された『未来投資戦略2017』という文書がある。ここでは、健康寿命、移動革命、サプライチェーンの次世代化、快適なインフラ・街づくりなどと並んでFinTechが戦略分野としてあげられているが、そのFinTech企業の代表例として、ウェルスナビが紹介された。いわば日本を代表するFinTech企業として、その地盤は着実に強固になりつつある。また、ベンチャー企業の財務データ収集・分析業務を国際的に行う、CB Insightsのレポートでも世界のフィンテックをリードする“FinTech250”に選出され、資産運用をリードする18社として紹介された。世界的にも注目を集めつつある。

柴山氏:

私も知人から教えてもらうまで『未来投資戦略 2017』の中で紹介されたことは知りませんでした。非常に驚きましたが、インフラ作りとしてのサービス提供をやっていきたいというビジョンが、世界的な大きな流れ、あるいは日本全体の流れの中で実現可能なビジョンとして認知されてきたのかなと感じています。

当社は、事業の一番大きな柱として、利用者の利益を最優先にビジネスを考えサービスを作っていくことを掲げています。

FinTechというと、「流行りもの」のように捉えられがちですが、今から5年後、10年後の未来を考えると、投資は「自分には難しい」「自分には縁がない、関係がない」と思っていた方々が日常的に投資サービスを利用できるような時代になっていると思います。その変革をまず当社が起こしていく。その想いで日々サービス作りに取り組んでいます。

投資への最初の一歩を踏み出したい。そのように思った時には、ぜひ当社のサービスの利用をご検討頂きたいと思っています。(提供元:株式会社ZUU)

【オススメ記事】
お金を増やしたい人が知っておきたい「資産形成」のポイント
不動産を保有したいけど高すぎる……何か良い手段は?
「不動産の小口化」ってREITとどこが違うの?
海外不動産を持つメリットとデメリットとは?
広がるクラウドファンディング その種類と仕組みを紹介

運営者情報

小口化投資商品の流通プラットフォーム 「みんなの投資online」の運営事業

株式会社ADワークスグループ
〒100-0011 東京都千代田区内幸町2丁目2番3号 日比谷国際ビル5階