Original

お金を増やしたい人が知っておきたい「資産形成」のポイント

自分の資産を増やしたい、誰しもが思ったことがあるのではないだろうか。それでは、実際にどのようにすれば資産を増やせるのだろうか。まずは、株などの投資を思い浮かべるかもしれないが、そういった資産運用の前に、資産形成を考えなければならない。以下では、資産形成と資産運用の違いや、資産形成のポイントを解説する。(写真=PIXTA)

目次[非表示]

  1. 1.資産形成と資産運用の違い
  2. 2.資産形成の目的
  3. 3.収入を上げる
  4. 4.支出を抑える
  5. 5.資産を運用する

資産形成と資産運用の違い

資産形成と資産運用、似ている言葉であるが区別して理解しておくべきだ。資産形成とは極端に言えば、お金を持っていない状態から、お金を持っている状態にすることを意味している。

一方、資産運用とは、持っている資産を運用することだ。株や不動産に投資する、と言えば分かりやすいだろう。資産形成された資産を運用し、お金にお金を生み出してもらうのが資産運用だ。

資産形成の目的

資産形成は将来に備えた準備と言い換えても良い。将来、と言えば老後などを想像するかもしれないがそれ以外にも、病気や事故などで急にお金が必要になるかもしれない。何が起こるか分からない未来のために資産形成は重要になる。

また、いざというときに精神的な余裕を持つことにもつながる。資産があれば、失業などに直面したとしても、余裕を持って対処することが出来る。以上の理由から、運用をしない人でも資産形成は重要なことであると言える。では、実際に資産形成のためにはどのような方法があるのかみていこう。

>> 次ページ 気になる資産形成のポイントは?

収入を上げる

労働をすれば、誰でも賃金をもらうことが出来る。これが一般的な収入だ。今働いている会社で収入を上げるために、まずは昇進制度や給与体系を確認することだ。現時点よりも収入をあげるために転職を検討するという選択肢もあるだろう。

また、副業を始めるという手もあるだろう。副業と検索するだけで、様々な仕事が出て来る。その中から、自分の経験を生かせるものや、興味あるものを選ぼう。ただし、副業をして良いかどうかは会社によって違うので、その点は確認しておこう。

支出を抑える

資産形成は収入を増やすことに目が行きがちだが、支出を抑える、つまり節約することも立派な資産形成である。まずは、収入に対して自分がどれくらいお金を使っているのか、簡単な帳簿をつけて収支を把握しよう。何にどれだけお金を使っているのかが分かれば、無駄遣いをしている部分が見えてくるため浪費を抑えることにつながる。例えば、スマホ料金などの通信費は節約できるポイントとなる。今はSIMフリーなども登場しており、これを見直すだけで、かなりの節約が見込める人も多い。

資産を運用する

資産形成のために、資産運用を同時に行うのも重要だ。

金融広報中央委員会(事務局 日本銀行情報サービス局内)が発表した金融リテラシー調査(2016年)によれば、高年収や金融資産をためている人ほど金融知識が高いというデータもあり、お金を増やすなら資産運用は早い時期に取り組むと良いだろう。

しかし、元手が少なくて難しいと言う人もいるだろう。そのような人でも気軽に始めることが出来るのが積立投資だ。月々500円からでも可能な金融商品もあるため、資産運用をこれまでやってこなかった人でもリスクを抑えて始めることができる。選ぶのが難しいのが難点だが、資産運用のために勉強は欠かせない。これを一つの契機にして、資産運用についての勉強を始めてみるのも良いだろう。(提供元:株式会社ZUU)

【オススメ記事】
不動産を保有したいけど高すぎる……何か良い手段は?
「不動産の小口化」ってREITとどこが違うの?
株、債券の分散投資だけで資産は守れない? オルタナティブ投資のすすめ

株式会社明豊エンタープライズ_M-Lots田園調布


検索


新着記事


公式Facebookページ


公式Twitterアカウント


運営者情報

小口化投資商品の流通プラットフォーム 「みんなの投資online」の運営事業

株式会社スマートマネー・インベストメント 
〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目1番7号 日比谷U-1ビル13階

メニュー