catch-img

第107話 インフレリスクに対応するには? その2

(写真= ampcool/Shutterstock.com)

前回:不動産投資がなぜインフレ対策に有効なのかについて学び、“不動産小口化商品”や“REIT”の魅力について再認識した。

第106話はこちら→

目次[非表示]

  1. 1.■安全資産の金
  2. 2.■海外投資でインフレリスクを減らす外貨預金
  3. 3.■物価上昇による株価上昇を見込む株式投資

■安全資産の金

インフレリスクに対応できる資産を調べていく中で、不動産のほかに金やプラチナなどの貴金属、外貨、株式も選択肢であることを知った。不動産投資がファーストチョイスにはなりそうだが、これらの資産のメリット・デメリットについてもきちんと把握しておいた方がよさそうだ。


不動産投資についてはフクダ課長に教えてもらったので、さすがに今回は自分で調べようっと!(それが基本です)


まず貴金属だが、その代表格はやはり金だと思う。昔から金は“価値があるもの”として世界中で認知されているからだ。調べてみると、有事への対応として各国の中央銀行も一定量の金を保有していて、世界情勢が混乱した際には、「有事の金」として買われることが多い“超”のつく安定資産だということがわかった。また、ここ10年で約1.5倍に値上がりしているので、キャピタルゲインが期待できるのもメリットといえるだろう。


個人的には毎月コツコツと積み立てる方法が有効だと思う。少額投資ができるし、いわゆる“ドルコスト平均法”で、購入価格を平均化できるのでリスクを最小化できる。と、偉そうに語っているが、全部ニシカワ先輩に教えてもらったことの受け売りだ(笑)。


★純金積立とドルコスト平均法についてはこちら→第26話 純金積立は投資初心者におすすめ!?


反面、金を保有していても利息収入などは得られないので、インカムゲインがないというのが最大のデメリットとなるだろう。とはいえ、資産を守るという意味では金という選択肢は間違いのないものだと思う。


■海外投資でインフレリスクを減らす外貨預金

(写真= AePatt Journey/Shutterstock.com)

続けて外貨預金について調べる。インフレになると円の実質的な価値が下がるので、為替市場では円を売ってドルなどの他通貨が買われ円安になりやすい。そうなれば為替差益が生じるので、インフレ対策になるとのことだ。


また、日本の金利は非常に低いので銀行に預けていても利息はほとんどつかないが、外貨預金であればそれなりの利息収入も得られるのもポイント。つまり、キャピタルゲインとインカムゲインの両方が狙えるということになる。そのほか、少額から始められることもメリットといえるだろう。外貨預金も金と同様に毎月積み立てることができるので、ドルコスト平均法で為替レートの影響を最小限に抑えることができる。


ただし、なんらかの理由で円高にシフトしてしまうと為替差損が発生するリスクがあり、為替相場は日本の経済情勢に関係なく世界情勢で大きく動くことがあるので、個人的には不動産投資や金よりもリスクが高いように思う。また、預金保険制度の対象外なので、銀行が破綻した場合はすべてなくなってしまうのも留意しておきたいポイントだろう。


分散投資する際の、ひとつの選択肢としてはありだと思うが、あくまでも資産の一部にとどめておくのが良さそうだ。


■物価上昇による株価上昇を見込む株式投資

そして最後は株式だ。これは投資の基本なので、今までさんざん勉強してきたが、正直インフレ対策になる理由がよくわからなかった。調べてみると、インフレによって物価が上昇すると企業の売上と利益が上昇し、株価も上昇する可能性が高いということだった。


株式は株価上昇によるキャピタルゲインと配当によるインカムゲインの両方が期待でき、株主優待があれば、それもメリットとなるだろう。逆に言えば、業績悪化による株価や配当の下落リスク、倒産リスクがあるということだ。


また、ある程度まとまった資金が必要になることと、選択肢が多いので企業を見極める目が必要になることも自分のような投資初心者にはデメリットと言えるかもしれない。インフレで業績が上昇する業種、企業を見抜く力が必要だろう。


こうして調べてみると、やはり不動産投資がインフレ対策としては一番リスクとリターンのバランスが取れているように思う。フクダ課長が言っていたように、不動産は実物資産だからインフレでも相対的に価格上昇の可能性があるし、賃料収入などのインカムゲインも期待できる。価格下落や空室などがリスクといえるがこれらは比較的ヘッジしやすいと思う。


それに投資に詳しいフクダ課長のオススメでもあるし、“不動産小口化商品”か“REIT”への投資を当面の目標にしたいと思う。よーし頑張るぞ!!


>>小口投資商品一覧表<<
※みんなの投資onlineで紹介した
小口投資商品を一覧にしております。


検索


これから投資を始める方へ

新着記事


公式Facebookページ


公式Twitterアカウント


運営者情報

小口化投資商品の流通プラットフォーム 「みんなの投資online」の運営事業

株式会社エー・ディー・ワークス
〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目1番7号 日比谷U-1ビル13階

メニュー