資産形成のメリットとリスク 早く始めるほど効果が出やすい?

start
(写真=PIXTA)

若い人の場合、「資産運用」よりも「資産形成」が重要だと言われる。しかし、収入が少ない場合、お金を貯めることは容易ではない。どのような点に注意して資産形成していくのか、そのポイントについて解説する。

資産形成は早く始めるほど効果が出やすい?

「資産運用」が既にある資産をどのように増やしていくかを考えるものであるのに対し、「資産形成」は資産がない人がどのように資産を作っていくかを考えるものである。資産形成は早く始めるほど効果が出る。それは、時間が資産形成に大きな力を与えてくれるからだ。「塵も積もれば山となる」という言葉があるように、少しのお金でもコツコツ何十年も積み立てていくと結構大きな額になる。これが、たとえば5年で資産を形成しなければならないとすると相当大変である。

ところが、「お金がないから」とか「投資はリスクがあるから怖い」と言って、消極的な若者が多い。若い人は長期運用ができるという強みがあるので、少しでも早い段階から資産形成に取り組むべきだ。

資産形成の考え方とメリット

まず、資産形成は漠然と始めるのではなく、たとえば「40歳までに1000万円を貯める」など目標を定めるとよい。目標がないと達成感がないし、お金が必要になったときすぐに引き出してしまうおそれがあるからだ。

次に、資産形成をする方法であるが、資産を形成するためにはその元手が必要になる。サラリーマンであれば、通常は会社からもらう給与ということになるだろう。この給与が上がれば、貯蓄や投資をしやすくなるので、収入を上げることも資産形成の重要な要素になる。しかし、収入に関しては自分の力だけではどうしようもない部分もあるので、次の対策としては費用(生活費等)を抑制するということがある。余ったお金で貯蓄をするのではなく、積み立てをした後に残ったお金で生活するよう努めることがポイントである。

最後は資産運用によって資産を効率的に増やすということだ。生活費を切り詰めても毎月貯蓄や投資にまわせるお金は限られている。そこで、ある程度のリスクを取りながらリターンを狙っていくことが重要になってくる。うまくいけば、資産を倍増させることも可能だからである。

以上の3点を意識しながら、まずは毎月一定の金額を貯蓄か投資に振り分けていく。そして、それを少しずつ増やしていけるよう努力する。貯蓄であれば、複利効果(利息にさらに利息がつくこと)によって資産は着実に増えていく。また、一定金額を投資する場合「ドルコスト平均法」といって効率的な運用をすることができる。ドルコスト平均法は、たとえば、毎月1万円と決めて投資すると、相場が高い時にはあまり購入できず逆に相場が低い時にはたくさん買えることから、何も考えなくても結果的に安値で購入できるというものである。

資産形成の種類と注意点(リスク)

積み立てということを前提にすると、最も始めやすいのが「積立預金」である。ただ、今は金利が低いので資産運用効果は低い。手堅く投資用の原資を作るために始めるのはよいが、これだけで資産形成するのは大変である。

次に、「投資信託」が考えられる。いわゆる「ファンド」であるが、世界分散投資をするものから、国内株式のみに投資するものなど様々な種類がある。これも毎月一定の金額を積み立てられる。どのようなファンドを選ぶかによってリスクが異なるので、選択に注意することと、コストが掛かるので信託報酬が安いものを選ぶようにしたい。

それと、貯蓄性が高い保険に加入することも考えられる。保険の良い点は解約しづらいということである。毎月保険料を支払っているうちに知らず知らずのうちにお金が貯まるというメリットがある。ただ、途中解約すると損をするのでその点は注意が必要である。

「投資は怖い」と思っている人も多いと思うが、インフレによって資産価値は減少するし、世界経済がグローバル化する中で、為替が円安に動けば、円の世界的な価値は一瞬で目減りする。「何もしなければ損はしない」と思っているかもしれないがそれは間違いである。しっかりと分散投資をしながら資産を形成していって欲しい。(提供元:株式会社ZUU)

【オススメ記事】
不動産を保有したいけど高すぎる……何か良い手段は?
「不動産の小口化」ってREITとどこが違うの?
株、債券の分散投資だけで資産は守れない? オルタナティブ投資のすすめ