お金を増やしたい人が知っておきたい「資産形成」のポイント

タバコを持ちながら話す上品なビジネスマン
(写真=PIXTA)

自分の資産を増やしたい、誰しもが思ったことがあるのではないだろうか。それでは、実際にどのようにすれば資産を増やせるのだろうか。まずは、株などの投資を思い浮かべるかもしれないが、そういった資産運用の前に、資産形成を考えなければならない。以下では、資産形成と資産運用の違いや、資産形成のポイントを解説する。

資産形成と資産運用の違い

資産形成と資産運用、似ている言葉であるが区別して理解しておくべきだ。資産形成とは極端に言えば、お金を持っていない状態から、お金を持っている状態にすることを意味している。

一方、資産運用とは、持っている資産を運用することだ。株や不動産に投資する、と言えば分かりやすいだろう。資産形成された資産を運用し、お金にお金を生み出してもらうのが資産運用だ。

資産形成の目的

資産形成は将来に備えた準備と言い換えても良い。将来、と言えば老後などを想像するかもしれないがそれ以外にも、病気や事故などで急にお金が必要になるかもしれない。何が起こるか分からない未来のために資産形成は重要になる。

また、いざというときに精神的な余裕を持つことにもつながる。資産があれば、失業などに直面したとしても、余裕を持って対処することが出来る。以上の理由から、運用をしない人でも資産形成は重要なことであると言える。では、実際に資産形成のためにはどのような方法があるのかみていこう。

>> 次ページ 気になる資産形成のポイントは?